マッサマンカレー

金曜日, 2月 6th, 2015

知り合いの奥様に勧められて食べたカップラーメンの「マッサマンカレー」が、今我が家の常備食です。

マッサマンは、タイ王国に起源を持つタイカレーで、マッサマンカレーとも呼ばれている。

このカレーはムスリムから伝来した事から、イスラム教の食の規律に従って豚肉以外の肉で作る事が多いみたいです。

タイで一番多いマッサマンカレーはチキンマッサマン、本国のタイでも高級料理店では、牛肉、鴨肉、豆腐、豚肉を用いたマッサマンカレーもあります。

他にはココナッツミルク、カシューナッツ、ジャガイモ、ローリエ、カルダモン、シナモン、トウシキミ、パーム糖、魚醤、唐辛子、タマリンドのソースが加えられます。

香辛料としては、ターメリック、シナモン、トウシキミ、クミン、クローブ、ナツメグ等が一般的でこれらの香辛料はインドネシアから入ってきたみたいです。

2011年にCNNインターナショナルのCNNGoで「世界で最も美味な料理ランキング50」が、マッサマンカレーを世界1位と発表した事で人気が出て、カップヌードルにもなったそうです。

実際にコンビニで販売されているマッサマンカレーは凄くおいしくて、美味しい食べ方としては、まずは水は100%で考えると95%程度の熱湯を注ぎ食べる。

その後、余ったスープにはご飯を入れ、カレーにして食べる!カレーリゾット風になるんだけど、これがまた美味い!!

そのままで食べるのももちろん美味しいですが、チンしたキノコを入れることをおすすめしますよ~


img_3738.jpg